虹プロジェクト後追い!part2:第2話ネタバレ【虹プロ】

虹プロ
とめこ
とめこ

虹プロ今から追うぜ!どうも、とめこです。

「虹プロ」最近よく耳にしますね。虹プロとは、TWICEの所属する大手事務所、JYPエンターテイメントソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト「NiziProject」のことを指します。

JYPエンターテイメントの創業者である、J.Y. Park(パク・ジニョン)を総合プロデューサーとしてオーディションを進めていきます。

今回はpart1東京合宿終了後のpart2韓国合宿の第2話のネタバレ&感想を書いていきます。

第1話のネタバレ&感想はこちらからどうぞ!

とめこスペック
  • 虹プロpart1(東京合宿編) 視聴済
  • part1でマヤちゃん推しに
  • デビューメンバーはネタバレ済

また、part1の東京合宿編は視聴済みであることを前提として書いていきます。part2のみでも十分楽しめますが、part1を見てからならもっと楽しめますよ!

スポンサーリンク

視聴方法

  • Huluで全話放送中!

月額¥1,026ですが、2週間の無料トライアルができます!虹プロはもう全話放送済みですので、2週間あれば最終回まで見れちゃいますよね!

  • YouTubeで毎週金曜日エピソード追加中!(全話配信済み)

YouTubeでの配信もされています。ゆっくり見たい方はYouTubeでも楽しめますよ!

#2 感想

[Nizi Project] Part 2 #2 Highlights

今回は、ミッション1のステージの続きです。

披露するメンバーは5名

  • アヤカ
  • ニナ
  • リク
  • ユナ
  • マヤ

4人目:アヤカ|TWICE「Precious Love」

4人目の練習生はアヤカちゃん。披露する曲はTWICE「Precious Love」本家様はこちら。

Precious Love

東京合宿を通過した14人中、最下位の14位だったアヤカちゃん。実力的にはまだまだ周りには及ばない印象です。

アヤカちゃん自身でも実力が足りていないというのは自覚しているようで、韓国合宿前もダンス、歌はもちろん韓国語の勉強までしていたようです。

とめこ
とめこ

J.Y. Parkからの質問を通訳なしで答えていたのはビックリ。努力の成果ですね!

1か月のトレーニング期間中、歌に関しては

  • 発音はいいけど音程が合っていない
  • 音の出し方からわかっていないからこれから大変

と、基本的な指摘が続きます。アヤカちゃんは、また周りとの実力の差を感じながらも前向きに努力していきます。

ステージ後の評価
  • 振付に粗っぽさが無くなっていて驚いた
  • 13人の中でダンス・歌の実力はいちばん不安定
  • 本当に歌手としてデビューできるかを見るため可能性とスター性だけを見て合格させることはできない
  • ダンスも歌も東京合宿の時より成長したが、実力を知っているので元々の期待度がかなり低い
  • 本当に頑張れば成長できると思う
  • コツコツと努力し続けたら充分に可能性はある
  • 1か月間ものすごく頑張って努力した人に見える

実力が足りていないことは前提としての評価ですが、努力は認めているといった感じでしょうか。それと、これからももっと努力をしていってほしいという期待も感じますね。

アヤカちゃんのスター性はJ.Y. Parkは認めているようです。後は、実力を付けていけるかどうかがこれからのポイントですね。

5人目:ニナ|Charlie Puth「Attention」

5人目の練習生はニナちゃん。披露する曲はCharlie Puth「Attention」本家様はこちら。

Charlie Puth – Attention [Official Video]

この選曲はニナちゃんにしかできませんね。東京合宿では高い歌唱力が印象的でした。他の練習生達もニナちゃんの歌唱力については一目置いている感じですね。

J.Y. Parkは評価前に

  • この曲は高音をキレイに出せるからといって上手くは歌えない
  • 繊細に歌わなければならない
  • これが完璧に歌えればボーカルとして欠点がない

とこの曲について話していました。この点をステージで披露できるかどうかがポイントになりそうです。

歌のトレーニングではリズム・呼吸について指摘があり、感情を出してほしいとも言われていました。

ステージ後の評価
  • 14歳なのにここまでのレベルだということは本当にあり得ないこと
  • この曲を選んだ時に違う一面を見せるために選んだんだと思った
  • 1つ目:曲をせどれだけ繊細に歌えるのか
  • 2つ目:リズムにどれだけうまくのれるか
  • 歌唱力を見せつけようとするあまり大事なポイントをたくさん逃していた
  • 強弱のない単調なリズム
  • 曲の味、雰囲気、特徴を最大限活かすことを考えて歌うことがこれからの成長のポイント
  • 期待が大きすぎたせいか少し残念なステージ

歌唱力に関してのポテンシャルはニナちゃんがいちばん持っているのは間違いないです。ですが、ポテンシャル、可能性だけでは本当に上手な歌手にはなれないのでしょう。

繊細な部分を完璧に。且つ、曲の雰囲気、特徴を捉えることができるようになったら、もう敵なしという感じでしょうか。これからの努力次第ですね。

とめこ
とめこ

まあ、何より中学生という事実がいちばんの衝撃ですけどね。

スポンサーリンク

6人目:リク|J.YPark「Who’syourmama?(feet.Jessi)」

6人目の練習生はリクちゃん。披露する曲はJ.YPark「Who’syourmama?(feet.Jessi)」本家様はこちら。

J.Y. Park(박진영) "Who's your mama?(어머님이 누구니) (feat. Jessi)" M/V

総合プロデューサーJ.YParkの曲です。

ステージ前のインタビューでJ.YParkは、「この曲は遊び人みたいなフラフラした感じで歌わなければならないから、真面目なイメージのリクがどう歌いこなすのか心配」と話していました。確かに本家様を見ると、そんな感じの曲です。

そしてリリアちゃんと同じ選曲という、とても緊張する展開です。

ダンストレーニング中にはこの曲の雰囲気を出そうと努力しても、「キヨー(かわいい)」とトレーナーに言われてしまします。

リクちゃん自身もこの曲が自分に合っていないのではないかと思いながらも、必死に努力を続けます。

ステージ後の評価
  • 1か月の練習を受けた練習生に期待できる最高のレベル
  • 遊び人のような感じを表現できるかなと期待はしていなかった
  • ただの振付として踊ることと雰囲気まで表現することは違う。起きてすぐに踊っても問題なく踊れるくらいになって初めて振付に雰囲気が出るが、それができている
  • 音程も発生も安定していた
  • 表現する能力、歌、ダンス全て驚くほど成長していた

努力を認められ、見事キューブを獲得

J.YParkの期待をどれだけこえていけるかどうかが今回のポイントのような気がしています。その期待を大きくこえたことがキューブ獲得に繋がったように感じます。

とめこ
とめこ

確かに、リクちゃんらしい可愛らしさは残しつつ曲の雰囲気が出ていたように感じたステージでした(素人目)

7人目:ユナ|missA「I don’t need a man」

7人目の練習生はユナちゃん。披露する曲はmissA「I don’t need a man」本家様はこちら。

miss A “I don't need a man(남자 없이 잘 살아)” M/V

JYP3年目練習生のユナちゃん。他の練習生たちのガイドのような役割もしてくれている頼れる子。

トレーニング中も、トレーナーから全体的に良い感じ、ラップもいい、動きも安定、ポイントもうまく活かせていると言われ、順調にトレーニングが進んでいきます。

ですが、本番と同じステージでのリハーサルで様子が変わります。緊張と不安によって上手く声が出なくなってしまいます。

3年目を迎える練習期間。そしてJ.YParkからの期待を感じるからこそ、応えたいという気持ちからくる緊張。エースならではの悩みですね。

ステージ後の評価
  • 歌声がずっと自分の思い通りに出ていないと思う
  • 響く声が全く出てきていない
  • 喉に力を入れて歌っていたのでか弱い声が出て、思い通りに歌えていない
  • ダンスに関しても実力を発揮できなかった
  • 今までは実力ではなくステージを楽しめていなかったことを指摘してきたが、今回は実力の部分で残念なステージだった

見ていてもどかしい気持ちになってしまうステージでした。実力は確かにあるはずなのに発揮できない悔しさ。

J.YParkも、ユナちゃん自身も同じ気持ちなのではないでしょうか。悔しい。

でも、これを乗り越えられれば、ユナちゃんって本当に最強なのではと思います。これからの練習期間で「緊張」を克服してほしいですね。

8人目:マヤ|missA「Touch」

8人目の練習生はマヤちゃん。披露する曲はmissA「Touch」本家様はこちら。

miss A "Touch” M/V

マヤちゃんの選曲を見ると、「すごくよく合っている」とJ.YParkからひとこと。確かに本家様を見ると、とても大人っぽくセクシーな感じのイメージがマヤちゃんにピッタリですね。

トレーニング中は、東京合宿に続き「動作の小ささ」を指摘されます。それを直すために、意識しながらトレーニングを続けます。

同時に、体力作りにも積極的に取り組みます。そのトレーニングの効果で力強く踊れるようになったり、重心がブレなくなったとマヤちゃんも感じていて、確実に成長に繋がっています。

とめこ
とめこ

体力作りのトレーニング中はアカリちゃんの姿も見えました。一緒に頑張っていたのかな!

ステージ後の評価
  • 演技力のおかげで足りないところが全部見えない
  • それは本当にマヤの長所
  • ダンスが本当に上手
  • ダンスのラインがすばらしい
  • 動きが正確でスピードも正確
  • 東京合宿よりもかなり良くなっている
  • 体のコントロールもすごく良くなった
  • 重心が揺れないためにコア運動・プランクなどが大切、正確できれいで速かった
  • 毎日誠実に歌手になるために準備している人に見える
  • A+をあげたい

マヤちゃんが努力した成果を全て、評価してもらったという感じでした。誠実な努力が伝わったのでしょうね。

本当にマヤちゃんの雰囲気に合っている曲で、とても10代の女の子には見えませんでした。魅力が最大限に発揮されていたと思います!

結果、キューブ獲得となります!

まとめ

第2話終了時点でのキューブ獲得者

  • ミイヒ
  • リク
  • マヤ

以上、3名となりました!

残りは5人。誰がキューブを獲得できるのでしょうか。

次の第3話の感想&ネタバレはこちら

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました